経費削減術
TOP
人件費削減1
人件費削減2
社会保険料削減
アウトソーシングとは

『人件費』 最新ツイート

@Kitchen_sneaker

物流費の削減は必須。 しかし、物流費の値上げだけで物流費増をカバーするのは、しばらくは不可能。 人件費や製造コスト、社内システムを見直しするしかない。 進んだメーカーは、とっくに取り組んで結果を残している🤔

1分前 - 2019年02月18日


@mtssbiz

□純資産と収益•費用④ しかし、実際は、製品を作るためにお金がかかります。材料費や人件費、いろんな機械を買うお金などです。これらの金額を「費用」と言います。

2分前 - 2019年02月18日


@108raaaaay

ねえ…なんでそんなに安いの…紙代しかとってなくない…ねえ人件費は…?インキ代は…?発送代は…?

3分前 - 2019年02月18日


 

 

 人件費削減

 経費の中でも大きなウエイトを占める人件費は雇用契約や労働基準法との兼ね合いから削減には難しい面があります。しかし、スリムで強い企業体質をつくるためには避けて通れない場合もあります。しかし、ただ単に社員を減らす、賃金をカットするだけで人件費の問題は解決しますか?収益を上げることが難しい今、増大する人件費をいかに抑え経営の効率化を図るかということは重要な課題となってきています。

 人件費削減とばかりに、残業カット・賞与カット、退職者の不補充、新規採用 の縮小といった刹那的な対策を行なったとして、果して十分な成果が上げられるでしょうか。これでは人件費の削減というよりも人件費の切り落としとなってしまい、企業自体の体力も消耗してしまいます。また、労働条件の変更が労働基準法違反や労働条件の不利益変更とならないよう注意しなくてはなりません。いうまでもなく、単なる人件費節減ではなくやる気のある社員が報われる労働条件や人事制度の構築が必要です。

 人件費削減のポイント

 それでは、人件費を削減するためのポイントとは何でしょうか?

1.安易な削減に走らない

人は、モノ・金・情報とあわせた4つの経営資源の一つです。最後に企業を救えるのは、人の知恵・行動力です。「人を育て、人を活かし、人を評価し、人を処遇する」公平・公正なシステムがあれば、自ずと企業は伸びていきます。

2.従業員よりも先に役員から

役員から率先して身を切らないと、従業員はついてきません。

3.従業員のモラルを最重要視

じわりじわりと真綿で首を絞めるようなことを行ってはいけません。優秀な従業員も流出してしまいます。自社の将来を明示し、やるときは計画的にばっさりです。日本労働研究機構の『事業再構築と雇用に関する調査』でも、人員リストラを実施した企業のうち、「半数が従業員のモラル低下を招き、三分の一は優秀な人材が流出したと感じている」という結果が示されています。

 

ページTOPへ

Favorite

Last update:2018/3/6